迷っている時は、誰かに聞くといい。

「人生は思っているほど長くない」

という言葉を聞いたことありませんか?

でも私は逆に、

「人生は思っているほど短くない」

としみじみ思います。


迷うことなく人生を歩んでいけたらいいな、と思うときもあるでしょう。でも、「迷う」ということは、なにかこころの中で引っかかるものがあるということ。


右なのか、左なのか。


考えれば考えるほどなにが正解なのかわからなくなります。


私たちは「待つ」ことが苦手です。


たとえば、あなたが駅で電車が来るのを待っているとしましょう。そんなあなたにアナウンスが聞こえてきます。

「ただいま事故が発生し、電車の到着が遅れます」

続けて「到着の見通しがつきません」と放送されたとき、どうしますか?


電車の到着は、5分後かもしれないですし、3時間後かもしれません。

そのような時、私たちは「待つ」ことができません。

いつ来るかもわからない電車を待つよりも、それ以外の方法をさがして移動していくことでしょう。


こんな状況の時、駅員から次のように言われたらどうしますか?

「もうあと15分待てば、到着します」と。

15分待つのか、急ぐのでちがう交通手段を検討するのか?

方針がはっきりとしますよね。


運命は「いつ来るかわからない電車」のようなもの。


運命も先ほどの電車のたとえとおなじです。いつ来るかわからないから、待てないのです。

そんなとき、迷いが出てきます。

もうそこまで来てるのかもしれない、いやいや、まだ動いてもいないかも・・。

心の中で迷いがうごめくわけです。

自分のなかだけで考えていても、なにも変わりません。

必要なことは、駅員(=自分以外の第三者)に聞いて状況を把握することです。


カウンセラーとは、駅員のようなもの。


そんな時は、五行易を活用してみてください。

待つのか待たないのか。

もうすぐ来るのか、まだまだこないのか?

事故にあったときに駅員のアドバイスによって迷わず行動できた、そのような役割をになう存在がカウンセラーや占い師なのではないかと思います。



今日も希望とともに。

ノギーの易占    提供中